傾向と対策

2012年03月05日


1.充足率
100%がベスト。最低ラインが80%。
馬の競走成績からその能力を評価するシステムであるため、レースに出走したことがない馬を評価することはできない。
出走メンバーの競走成績が過去4走すべて揃っていれば充足率100%。


2.賭け式
【回収率順】3連単>馬単>3連複>馬連>ワイド
※単勝は控除率が5%低いため、3連単と馬単の間か、馬単と3連複の間に入ると考えられる。
能力値の精度が高ければ1、2、3着を特定した馬券が有利。

【的中率順】ワイド>馬連>馬単>3連複>3連単
賭け式の総組み合わせ数が少ないほど馬券は的中しやすい。


3.競馬場
【不得意な競馬場】
中京
新コースはデータが無いため、精度が下がる。

浦和
やりやらずが多い。


4.中央・地方
地方>中央
ダート戦しか存在しない(トラックバイアスの影響を受け難い)地方競馬の方が精度が高くなる。


5.馬場状態
良>やや重>重>不良
トラックバイアスが大きく影響しない馬場のほうが精度が高くなる。


6.的中しやすいレース
1着指定で購入対象になっている馬の的中率が高いレース。


7.トラック
ダート>障害>芝
トラックバイアスの影響を受け難いトラックが有利。


8.距離
短距離>中距離>長距離
スローペースなどで紛れが発生し難い距離のほうが得意。


9.その他不得意とされるレース(不確定要素が多い)
・外国馬が出走
・新人騎手がデビュー
・休み明け馬が多数出走
・初距離、初コース馬が多数出走




sokukaibasokukaiba at 13:27トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
【大好評】 馬券投資ソフトの爆勝男たちが、必勝設定を明かした!

≪今なら≫馬券投資ソフトが無料お試しできる!
記事検索
QRコード
QRコード